FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

【書評】 『傭兵ピエール』

舞台はフランス。
ジャンヌ・ダルクと傭兵隊とのお話。

乱暴な傭兵だが、根は善良な人間。
ジャンヌ・ダルクと過ごすことによって、粗野な傭兵隊が小さな村人と共存するまでに至る。

作中では、戦争シーンあり、裏切りシーンあり、潜伏シーンあり、愛しあうシーンあり、と盛りだくさん。
中でも印象的なのは、裏切りシーン。
仲間内の裏切りも敵中での裏切りも、どちらも手に汗にぎる名場面。

裏切り、とくれば定番ですが、腹黒神父様。
傭兵ピエールでの神父様は中々に非道な人。
真っ黒です!


お勧めの歴史ファンタジー作品。

   

関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/09/03 08:13 ] | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム