FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

真実との闘い

真実が人間にとって心地良いものである、という保証はどこにもない。

人間が真実を見つけ出したとき、それが人間にとって不都合なものであったら、やはり見て見ぬフリをするのだろうか。


ところが、真実は正しい。
それゆえ、人間の都合には一切聞く耳を持たないはずだ。
ともすれば、非常にワガママと思えるだろう。
真実は正しい、これ一辺倒で迫ってくるのだから。


思うに、真実は見つけ出すことだけが重要なのではない。
真実を受け止める、真実に耐える強さも同時に必要なのだ。
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/08/16 19:10 ] 真実 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム