FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

善悪とは何か 一体何者なのか

善悪とは所詮人間が定めたもので
自分たちの都合に合わせて調子よく扱っているものに過ぎないのか。

自分たちを善とし敵対するものを悪とする。

こうすることで味方の士気を高めるために用いられるのか。

なぜ、善を実践しなくてはならないのか。
なぜ、悪を実践してはならないのか。

悪は他人に不利益を与えるから、社会生活が崩壊するから。
だから実践してはならない。

だが、社会生活が崩壊することが善だとしたら?
我々が善悪を履き違えて、全く逆に向かっていたとしたら?


今、善と思い込んでいるものが悪であったとしたら、ぼくには善を実践する勇気がない。
他人の利益を守ることでしか自分の生活を守ることができない、善という便利な盾に隠れることしかできない。

善悪とは何者なのか。
社会生活を正常に営むためのルールに過ぎないのか。
人々が自分の生活を投げ捨ててまで守るべきものなのか。

我々は善悪に翻弄されてはいないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2014/08/19 19:33 ] 哲学 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム