FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

ぼくが本を売る3つの理由

読み終わった本はなるべく規模の大きい古本屋に売ることにしている。
まあ、大抵はなんとかオフに売ることになるのだが。

これには3つの理由がある。
順に記そう。
ちなみに、1⇒3と重要度が上がっていく(3が一番重要)。


1)購入した本代のうち、数%を取り戻すため。

なんとも卑屈であるが、第1の理由は金である。
1000円の本が100円になれば万々歳である、この程度だが。
まあ、1割引で本が読めたと思えば良いのではないだろうか。


2)保管場所確保のため

当然だが、我が家の面積は有限である。
何千、何万という本を保管し続けることはできないため、手放す必要がある。
捨てるくらいなら売ってやれ!というのが第2の理由だ。


以上2つはどこでも見るようなことだし、なんとも普通な理由。
ぼくが最も重要視しているのは次の3つ目。


3)その本の存在をより多くの人の目に届けるため。

こんなこと、大型書店に任せればいいじゃないか、と思うだろう。
たしかに、大型書店に行けば、ぼくが売った本は確実に購入出来ると思う。
しかし、大型書店に足を運んだときのことをイメージして欲しいのだが、
大抵は新刊コーナー、自分の興味あるコーナーにしか行かないのではないだろうか。

大型書店で古くて良い本と出会うには、どこかでその本の存在を知らないといけない。
自分の興味がない分野であればなおさらだ。
さらには、ジャンル毎にフロアが分かれていたりする。
実用書だったり、思想系の本は興味ある人しか赴かないフロア設計ではなかろうか。

だが、なんとかオフのような古本屋ではどうだろうか。
カテゴリ別に新旧問わず並べられている。
しかも、異なる分野同士が近くに置かれていることもある。
興味のない分野にも目が行きやすい。
 

つまり、大型書店では新刊以外は興味のある人の目にしか止まらない。
一方の古本屋では、そこに足を運んだ人あれば興味の無い本にでも出会う可能性が高い。
そんな中からタイトルに惹かれ、普段読まないジャンルの本を手にする人も出てくるだろう。

流行を去った本の再開拓、という分野では大型書店よりも古本屋の方が優れている。
自分が読んで、良いと思った本ほど手放す。
それが世のためとなろう。
良い本は多くの人に読まれた方が良いはずだ。

そんな本の再開拓を手伝うためにも、ぼくは積極的に本を売ることにしている。
ちなみに、規模の大きい古本屋を選んでいるのは、人の目に触れる機会が増えるからだ。

みんなも読まない本を溜め込むのはやめて、世の中の知的レベル向上のためさっさと手放そうではないか!

書を捨てに町へ出よう!
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2014/08/14 20:31 ] | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム