FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

インプットとアウトプット

アウトプットをするためには、膨大なインプットが必要である、と言われる。

たしかにインプットは大切であるが、どうも腑に落ちない。


アウトプットをするから、必要なインプットが見えてくるのではないだろうか?


いくらインプットを繰り返しても、自分に必要なインプットは見えてこない。
それこそ、頭デッカチの誕生である。

興味の幅を広げ、インプットの量を増やすのは大いに結構。
しかし、それはアウトプットを繰り返した結果、インプットが必要と気づいたからであろう。

アウトプットを経験していれば、膨大なインプットからヒントを得て更なるアウトプットを行うことが可能となる。

アウトプットをせずにインプットばかりしている人では到底出し得ないようなアウトプットを。


インプット不足という言い訳はもはや不要である。
アウトプットをしつつ、随時追加でインプットをすればいいのだ。
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2014/04/29 18:07 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム