FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

自殺の是非

日本では自殺者が多いことが問題になっている。
近年は毎年約3万の方が自らの命を絶った。
そこに至る想いは様々であっただろう。

日本はこの自殺を問題視し、数を減らそうとしている。
人口構造がいびつになり、働く世代が減少している日本にとって、若者世代の減少というのは確かに痛手だろう。
と考える方はまあ、少数派だろう。
大多数は、なぜ自ら命を絶ったのか。他に道があっただろうに。という感想を抱くのではなかろうか。

時には自ら命を絶った者の弱さを責め、時には命を立つ環境を作った周りを責める。


なぜ自殺をしてはいけないのか。
自分の命なのだから、好きに使っていいではないか。
誰が悲しもうが私の人生なのだから。
生まれるタイミングは選べない。
ならば死ぬタイミングは選ばせてくれ、と。
自殺は自由だ!


ダメなのだ。
自殺はダメなのだ。
自殺を選択することは自由ではない。

自由の大原則は、「私がしていいことは、あなたもしていい」である。

つまり、私がやることは、他の皆もやっていいのだ。
世間の常識と照らし合わせても、そう大きく外れてはいないと思う。

この大原則のために、ぼくたちは自殺を許されない。

自殺とは、自分を殺すことである。
そして、自殺の容認は他殺を許容することになる。
その流れは下記の通りだ。

自殺とは言い換えれば
「私は私を殺していい」

私がしていいことは、あなたもしていいのだから、
「あなたは私を殺していい」

あなたが私を殺してもいいのなら、
「私はあなたを殺してもいい」
他殺の容認である。


自殺の否定は、人間的生活を守るために必要不可欠な約束なのだ。
自殺を容認する限り、他殺をも容認しているのだから。
集団なしには生きていけない人間が、集団を信じることができなくなる。

自殺の容認は社会の崩壊に直結する。
人間が社会的動物である以上、許されない状況だ。

単独では生きていけない弱い動物である。
単独で生きていくことになれば、人類が滅びるのにそう時間はかからないだろう。
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/09/09 20:13 ] 人生 | TB(0) | コメント(2)
法則の適用には厳密さが必要では?
はじめまして、御坊哲と申します。

私がしていいことは、あなたもしていいのだから、
「私は私を殺していい」=>「あなたは私を殺していい」
という法則の運用には若干問題があります。

「自殺」を「私を殺すこと」と勝手に読み替えていることが問題でしょう。あくまで自殺は「自分自身」を殺すことです。
だとすると、
 「私は自分を殺していい」=>「あなたは自分を殺していい」
とすべきでしょう。


次の例で考えるともっとはっきりします。
「私は私の妻と性行為していい」=>「あなたは私の妻と性行為していい」とはならないはずです。

いきなり、ぶしつけなコメントを差し上げ失礼しました。
[ 2013/11/21 07:56 ] [ 編集 ]
御坊哲さん
コメントありがとうございます。

自分=私、と読み替えたのはたしかに浅はかでした。
今後、法則を打ち立てるときには慎重に慎重を重ねます。
ご指摘ありがとうございます。

ぼくが文中で言わんとしたことは、
「私は私という【人間】を殺してよい」のだから、「あなたは私という【人間】を殺してよい」
ということです。
自殺も殺人だと思います。
その殺人の対象が自分自身であったとしても、それを認めてしまえば、他殺の容認につながってしまうのでは?というのがぼくの考えたところです。

また、御坊哲さんの示してくださった、例示についても考えたいと思います。
「私は私の妻と性行為していい」=>「あなたは私の妻と性行為していい」

ぼくは、本来的にはこの例示は認められていると思います。
しかし、世間では上記は認められておらず、社会的罰則も用意されております。
なぜ認められていないか?
それは、法律や宗教で制限しているからではないでしょうか?

もちろん、ぼくも御坊哲さんの例示が実現することがあっては嫌です。
今の制限を解除することには反対です。
[ 2013/12/01 11:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム