FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

大晦日→謹賀新年 哲学の態度

大晦日で2017年も終わろうとしている。

律儀に紅白歌合戦を、もしくはガキ使を、見て年越しそばを食べる。そして初詣へと向かう。

時代は移り変われど変わらぬ日本の毎年行事。


何も変わらない、いつもと変わらない、今日と明日の関係なはずなのに。12月31日と1月1日だけは特別。
螺旋階段を上がるように、西暦がひとつ増える。

また新たな365日が始まる。
人間が自然を作為的に切り取った定義。

この365日で技術はまた大きく飛躍するだろう。
われわれ人間はその使用に追いついているだろうか?

哲学も倫理も止まっている。何百年も止まっている。善き生の探求とは何だったのか? 歴史を振り返ることが、過去の偉人にゴマをすることが、われわれ哲学徒のすべきことなのか?
難語を並べて奇人以外を排除することが哲学の本分なのか?

とうの昔にアリストテレスが言っている。
すべて実践してこそ意味が、価値があると。

技術はすべて実践。技術を扱う人間は未熟。
放っておけば、技術の甘美な誘惑に負ける。まるで、アダムのリンゴのように。

われわれは解明せねばならない。ニュートンのリンゴのように。

われわれは使用せねばならない。ジョブズのリンゴのように。


これからの技術に対する人間の態度を、われわれ哲学徒は規定していかねばならない。
そんな2018年にしていこう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト



スポンサーリンク
[ 2017/12/31 20:41 ] 哲学 | TB(0) | コメント(0)

我が存在

実に1年半ぶりの更新である。

戯れ言すら思いつかないのかと言えばそうでもない。

怠惰に懺悔である。


1年半私が記事を更新しないことで、疑問に思った方は恐らく一人もいないだろう。
もちろん、生活に支障が生じた方もいない。
かく言う私も健全だ。

何も、オンラインだけの話ではない。
オフラインであったとしても、遠く離れた知人が存在はしていようがいまいが、あなたの生活にはなんの支障も来さない。


あなたにとって、私が存在するとは一体どういうことなのだろうか。私が存在するから、あなたにどんな影響があるのだろうか。

人間の存在には、本来的には大した意味は無いのだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2017/12/30 18:51 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム