FC2ブログ

哲学科卒のサラリーマンによる戯言~自由及び生の考察~

若手サラリーマンの日常。そして、哲学や思想。

面白いことをしたい

面白いことをしたいと思います。
だから、面白いものが落ちてないか、日々世の中を探しています。

似たようなもので、バカなことをしたい、もあるかな。

思うに、得てしてこういう類の発言をする人が実に面白いことを成し遂げたことは少ないのではないだろうか。
僕の経験が、浅いからそう感じるだけだろうか?


ひとえに面白いといっても、スポーツのような身体的面白さ、学問のような知的面白さ、音楽のような芸術的面白さ、挙げたらキリがない程の面白さがある。
冒頭の発言をどの様な意図で発言しているかは人によって異なるだろうが、追求している面白さ、のジャンルすら定まっていないのではなかろうか。

その様な不安定な状態で、果たして面白いことができるだろうか?
自己満足的な面白さはいくらでもできるだろう。
どんなことでも、面白いと自分に思い込ませればいいのだから。

しかし、求めているものはそうではなかろう。
他者もが認めてくれる面白さ、これを追求しているのだろう。
そうであるとするならば、面白いことを成し遂げるには、それ相応の準備が必要であろう。
思いつきで、誰もが面白いと思うことは実現できまい。
もちろん、思いつきがきっかけとなり、結果的に面白いことが実現することはあるだろうが。

誰もが面白いと思うことを成し遂げる、本気でそう思っているのなら、面白いの内容がかなり具体的でなければ実現は怪しいだろう。
方向性が定まっていないのに、とにかく面白いことをしたい、そう豪語する人は考えが浅い、自己満足の面白さを脱却することはできないだろう。

それを行うことで、どういう類の面白さがあるのか、なぜ面白いのか、ここまで掘り下げないことには面白いことは生まれてこない。
冒頭の発言はよく聞くが、そのレベルでは自己満足から抜け出すことはできない。
言ってしまえば、思考停止状態である。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト



スポンサーリンク
[ 2013/07/31 23:09 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)

進撃の巨人を読み進めて

残酷な物語ですが面白いですね。
人間、今は地球上の最上位種としてブイブイ言わせているが、天敵が現れたらあっけなく滅びますよ、と。
そして、そんな危機的状況に陥っても、我が身の保身、出世だけを考える輩が現れる、と。
最終的には、天敵に滅ぼされる未来だけではなく、同士討ちによる滅亡の未来だって大いにありえますよ、と。

なんとも示唆に富んだ作品ですね。


漫画としての感覚は、クレイモアと彼岸島に近いですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/31 01:49 ] アニメ/漫画 | TB(0) | コメント(0)

進撃の巨人

長らく気になっていましたが、ようやっと注文しました。
よていでは、1〜10巻が明日到着!!

漫画は久々です。
あちこちで話題なので楽しみです。


進撃の巨人ファン、誕生の瞬間であろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/29 08:45 ] アニメ/漫画 | TB(0) | コメント(0)

集合の恐怖 集合体恐怖症というもの

集合体恐怖症

今日知った単語である。
症状は、その名の通り、集合体に恐怖心や不快感を抱くことが挙げられる。
具体的には、魚卵やドット柄が負の感情の対象となる。
特に、はちの巣や蓮の実で負の感情を抱く人は比較的おおいらしい。
症状がひどい人だと、鏡に着いた水滴で不快感を覚えるらしい。

発症の原因は不明らしいが、幼い頃のトラウマ等が関与しているようだ。
いかんせん、確たる原因が不明なため、治療法も確立されていない。
慣れる、これしかないようだ。


前置きが長くなったが、多分僕はこれが軽度ではあるが発症している。
魚卵の集合を見ると、気分が悪くなる。
等間隔に空いた小さな穴のの集合からは目をそらしてしまう。


小さな物体の集合を見るのは嫌なのだ。
しかし、克服するには慣れるしかないらしい。
試しに、蜂の巣と蓮の実の画像をインターネットで検索した。


ものの一秒も見ていられない。

日常生活に大きな支障をきたさないので、僕はまだいいが、重度の方はとても辛いだろう。

さらに、一般にあまり認知されていないから、理解者も中々見つけることができず、より一層辛いだろう。

僕は願う、一刻も早く、慣れる、以外の治療法が発見されることを。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/28 23:33 ] 日常 | TB(0) | コメント(0)

夢を見た

女の子と旅館にいました。
でも、その女の子浮気常習犯なんです。

僕が、そろそろやめてよ、と言えば逆上。
負けじと僕も憤怒。

その後、舞台は旅館のロビーへ。
何故か、大討論会が始まる。

夢はここで終わり。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/27 08:28 ] 日常 | TB(0) | コメント(0)

恋人

とあるCMによると、恋人に振られることは、特別損失らしい。
ということは、恋人ができることは、特別利益なのだろう。

恋人ができる、とは正常な自生では想定されていない、特別な事柄ということなのだろうか。

たしかに、他にちょうど良い会計上の分類は思いつかないが。
繰延資産、とかいうのも嫌だしなぁ。

それでも、繰延負債よりかはましか。


恋人ができる、とは数字で置き換えられない事なんですよね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/24 00:20 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)

幸福~己の快~

人は皆幸福を求めている。
皆の共通目的なのだから、達成は非常に容易と思われる。
しかし、現状はそうではない。
幸福ではない人、という方々が存在してしまっているのだ。


つまるところ、人は自分の快を最大化させたいのだ。
そのため、全ての他者の幸福のために中々手を貸そうとしない。

人間は全世界の幸福を実現するほどに成熟していない。
共同目標の達成が世の中のため、と分かっていながら中々協力できない。

自己的な人間のさらなる退化、は想像できる。
今はその道に進んでいるのかもしれない。

進化、は訪れることがあるのだろうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/21 23:35 ] 幸福 | TB(0) | コメント(0)

最近はいよいよ夏本番って感じですね。
とても暑い!今日も暑い!


最近よくあるのが、天気がいいからと洗濯物を大量にベランダに干し、雷雨にやられ、僕の帰宅と同時に洗濯機へGOバック!
悲しいことこの上ない。
今日も沢山の洗濯物を干した。

僕は出かける。

いいか、降るなよ!絶対にだぞ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/20 10:09 ] 日常 | TB(0) | コメント(0)

どちらも必要だ

短所を補強してオールマイティとなるか。
長所を伸ばして尖った人となるか。
どちらも重要なことである。

しかし、一人の人間ではどちらかひとつしか選べない。

思うにオールマイティはやや後ろで、全体が見えるポジションに。
尖った人は最前線に、又は、最後尾ポジションを取る。
大抵こうなるだろうし、これがいいと思う。


また、オールマイティへの批判として中途半端ということが挙げられる。
しかし、中途半端ではオールマイティではない。
中途半端はオールマイティの劣化である。


オールマイティな人は、尖った人はほどではないにしても、尖った人となんとかやりあえるだけの能力が必要なのだ。
オールマイティは批判されがちだが、それはオールマイティではないものをオールマイティと呼んでいるからであろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/20 00:29 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)

ポカリスエット

深田恭子が可愛い。

僕が受け取ったメッセージはこれだけだ。

何を伝えたいのか全くわからない。

今採用されているポカリスエットのテレビコマーシャルは、どちらなのか?

ポカリスエットの宣伝なのか、深田恭子の宣伝なのか。

僕には深田恭子の宣伝にしか見えない。


そんな宣伝になんの意味がある?
見ている僕は可愛い深田恭子が観れるから嬉しい。

しかし、そこに企業の想いが感じられない。

ポカリスエットはヒット商品だから、あんな宣伝でもなんとかなるんだろう。
ともすれば、宣伝なぞ不要の域に達しているのかもしれない。


だが、僕は思う。
あれは、宣伝としては駄作だと。

まさに、タレントの宣伝しかしていない。

いち早くタレントから卒業して、余剰金を従業員のために使った方がはるかに企業のためだろう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/18 22:06 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)

真実への道

真を求めることは人の欲望の一つであろう。
しかし、真、正しいことは危うい側面をも含んでいる。
ある人には、自身の権力を削ぎ落とされるものとなり、ある人には甘美な誘惑となる。
そして、真新しい事をいいことに、悪用する者も現れる。

そんな真を受け入れるには人々は、真が含む危うさをも気に止めない強さを持つ必要がある。
真、とは強い人間にとって真なのである。
真に耐えうる程に人間が成長しなくては、真と正しく向き合うことができず、誘惑され、翻弄され、自身を滅ぼすこととなる。

真実の探求とは容易いものではない。
その深さ故だけではなく、その扱い難さ故に。

ともすれば、人間が真に負け、自身の滅亡へと歩みを進めることもあるだろう。
真、とはそれを知れば良い、という優しいものではない。
真が要求する強さを兼ね揃える根性が欠かせないのである。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/18 20:42 ] 真実 | TB(0) | コメント(0)

使命

人間に生まれながらの使命はあるのか?
あるとして、それに従って良いのか?

生まれながらの使命があるとして、それはどの様に見つけるのか?
自分のやりたいこと?
だとしたら、それは自己欺瞞ではなかろうか。
与えられた使命が、自分の望んでいるものと一致する。
そんなご都合のよろしい話があるだろうか?
もちろん、場合によっては、与えられた使命と運良く一致することはあるかもしれないが。

これは私が生涯をかけて果たすべき使命だ。
こう人が言う時、それは自分を奮い立たせるための、一つの手段であろう。
また、果たすべき使命を声高に叫ぶ人は、同時に自由を求める。

自由は与えられるものじゃない。
自分で選び取るものだ。

生まれながら与えられる使命、自ら選び取る自由。
多分この二つは両立しない。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/18 03:16 ] 自由 | TB(0) | コメント(0)

スタイル

身長 183
体重 63
モデル業のオファー待ってます!(

数値だけは、東方神起のユノと一緒。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/07 09:30 ] 日常 | TB(0) | コメント(0)

共有すべき感情

喜びと悲しみ
この二つは他者と共有すべき感情である。
喜びは世の中の幸せのため。
悲しみは一人で抱え込むには辛すぎるから。

この二つの感情の共有は世の中を良くする。
支え合いの精神に満ち溢れているから。
もちろん、悲しみなんて無くなってしまえばいい。
しかし、その様な世の中が訪れるまでは、悲しみは他者と共有し少しでも一人当たりの負担を減らすのがよかろう。

嬉しさは、自己発信で他者と共有すべきだ。
反対に、悲しみは他者がくみとって、共有すべきだ。
悲しみを全面に出し同情を買うような態度は好ましくない。
悲しみをくんでくれる仲間を見つける、そのような絆を築き上げる、といった努力を惜しんではならない。


反対に、共有すべきでない感情はなんだろうか?
思うに、妬みと恨みである。
この二つは自己解決すべき感情だ。
他者に伝播してはならない。

妬みと恨みの先にあるのは、略奪と復讐である。
世の中を悪くする一助となる感情である。

全てに共通することは、自己犠牲の精神である。
己の喜びは分かち合う、他人の悲しみを受け止める。
不服と感じるものに敵対心を抱かない。

今の世の中では自己犠牲は損をするかもしれない。
しかし、声高に叫ばれる、支え合い、助け合いは自己犠牲の精神無しには成り立たない。
そして、人間は、そのような世界を理想とはしていないだろうか?


自己犠牲、とは自分が損をすることではない。
自己犠牲的な世の中は、他者と支え合い助け合う素晴らしい精神である。
しかし、それには高い条件が設定されている。
皆が自己犠牲的にならなければならない、というとても高い条件が。
人間はこの条件を乗り越えることができるのだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
[ 2013/07/04 23:46 ] 戯言・メモ | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

智葉 哲三(ちば てつぞう)

Author:智葉 哲三(ちば てつぞう)
自由、幸福な生を主題に哲学します。学生時代はアリストテレスの『ニコマコス倫理学』から幸福を考察した。都内でサラリーマンを始め転勤で新潟へ。まだ若手。日常の出来事なんかも書きます。
連絡はこちらへ tetsuzou.c@gmail.com
★当ブログはリンクフリーです★

twitter
検索フォーム